個別指導に通えば難関な医学部でも合格できる

文房具

自己推薦入学方法

ao入試とは楽に入れる入学試験だと思われがちですが、本当にその大学で勉強したい人が入れる確率が圧倒的に高いです。中途半端な気持ちで面接に挑んでも面接者には分かってしまいますので、面接の対策はしっかりとしておきましょう。

早期の受験対策

生徒と先生

学習プランの概要

将来的に医師を目指す場合には、早めに医学部受験に特化した個別指導塾に入学して、手厚い指導を受けることが必要です。マンツーマンのコースもある個別指導塾に入学すると、入試の出題傾向に合わせて、質の高い指導が受けられるでしょう。最近では中高一貫校の数も増えており、中学校1年生の段階で、医学部受験に向けて本格的に勉強を始めるケースも多いです。月謝制の個別指導塾の中学生コースは、毎月の授業料は7万円程度であり、英語と数学を中心にハイレベルな内容も学べるのが魅力的です。しかし現役で医学部に合格するためには、高校3年生になってから受講回数を増やして、記述式問題のトレーニングを徹底的に行うことが重要です。また大手予備校での指導経験もある講師が多数活躍しているのが、医学部受験に特化した個別指導塾のセールスポイントです。理系科目に特化した専任講師が中心であり、問題を解くプロセスを重視した指導も受けられるのが、医学部専門の個別指導塾の強みです。基礎から積み上げる学習指導にも特色があり、苦手科目が多い受験生であっても、短期間で入試レベルまで学力を引き上げることが可能です。そして国公立大学の医学部を受験する高校生に人気があるのは、センター試験を視野に入れた問題演習と、二次試験向きの特訓指導です。近ごろでは小論文を出題する大学が増えているので、テーマ別に文章作成のトレーニングが受けられる、添削指導付きのコースが役立つでしょう。

女性

専門的なことを勉強

大学に通うと専門的な勉強をすることができたり、資格の取得をすることができたりするので人気があります。大学を卒業すると就職において優位になることも多いです。また、大学に行かないと得ることができない資格もあります。

ウーマン

目的に応じた学校選び

中小企業への就職を成功させるためのポイントは、従業員数が少ない企業の求人に応募することです。従業員数の少ない企業は人手がかなり足りていない状況なので、早く人材を確保したい考え方です。従業員数は簡単に調べられるので、誰でも簡単に可能な就職率をアップできます。